神待ち掲示板の歴史は実は深い

神待ちと言う言葉は2000年を超えてから広まったのですが、神待ちと言う行為は実はかなり昔から行われていたのはご存じでしょうか。

なんと神待ちとはさかのぼること平安時代、そう794ウグイス平安京の時代から行わていました。そして驚くべきはこの平安時代の頃まで一人で歩いている女性を捕まえて嫁にすることが合法だった様です。

要はこの当時女性がいかなる理由であれ、一人でうろうろすると男性に捕まりあんなことやこんなことまでされ、更に嫁にまでされていたのです。

これだで聞くと昔の日本とはまるで北斗の拳の世界の様に見えますが、女性が一人で歩いていると声をかけたくなるのはもしかしたら本能なのかもしれません。

※本能だからって高○裕太の様に女性に乱暴してはダメですよ。

時代は進み幕末時代になると、女性が一人旅を楽しめる様になっています。当時外国から来ていた外国人にからするとかなり衝撃的な光景だったようで、日本が1000年の間で治安が良くなったことを意味します。

ちなみにこの頃、女性の一人旅の場合でお金が無い時は、体を代償に食事と宿を男性からもらっていた様です。

これはもう立派な神待ちですね。

神待ちの歴史を知りどう行動すべきか

神待ちとは家出中の女の子などが泊まる場所を提供してくれる男性(神)探す行為なのですが、これと似たことは数千年も前から行われていました。

今は絶対にしてはいけないのですが、女性が一人でうろうろしていれば無理やり家に連れ込んでもよかったのです。

そんなDNAを受け継いでいるのだから、街中で女の子が困っているとついつい自宅に連れこみたくなりますが今は平安時代で無い事だけはしっかりと理解したおきましょう。

いくら街中で困っている女の子がいても18歳未満であれば自宅に連れこむだけでも捕まる可能性があるのです。もちろんセックスしてしまえば確実に捕まります。

なので時代に合わせてしっかりと神待ちを楽しむ必要があるのです。当サイトでは18未満の神待ち少女が利用できない様になっています。

年齢制限がしっかりとされている為、間違っても18未満の高校生などと出会う事は無いのです。神待ちの最大の問題点は利用者の低年齢化であることは間違いありませんが利用する掲示板によっては安全に楽しむことができますので掲示板選びには慎重になりましょう。