書籍「神待ち少女」

神待ちをリアルに知りたい方にお薦めなのが書籍「神待ち少女」だ。この神待ち少女と言う書籍は完全ノンフィクションである為実にリアルなのだ。

神待ちとは男性からすると非常の都合のよい響きだが実際に神待ちをしている女の子達は非常に深刻なのがこの本を読めばわかるだろう。

私が何を言おうがあまり伝わらないと思うが、少し私以外の意見からこの本について伝えてみようと思う

神待ち少女のamazonでの口コミ

この神待ち少女と言う本はamazonでも購入することが出来る。価格は一冊1296円ですので気になる方は一度読んで見てはいかがだろうか。

amazonはご存じの様に、購入者のレビューを載せてある。まずはいくつかそのレビューをご覧ください。

☆☆☆☆

以前の女子高生の援助交際は、ブランド物が欲しいが、風俗店では働きたくないということだったそうだが、今は、まともな食事が食べたい、布団で眠りたいということで、体を売ることも必要なほど、お金に困っている少女が多く街にいるということに驚いた。高齢者に厚く、若年者に薄い福祉は、このような事態まで引き起こしている。普通に働く、学校に行くということが、いかに家庭に支えられた、脆い物かが解る。若年層に絞った、シェルターやシェアハウスを、公的に作るべきではないだろうか。風俗ライターをずっとやってきて、家族を持った著者だから書けるのだろう。

☆☆☆
ただインタビューする、話を聞くだけで何もしようとしてない著者がお気楽でムカつきます。少なくても保護施設に連れて行く、生活保護の申請を一緒にするとかしろよ。

☆☆☆☆☆

著者が取材した少女たちの姿がリアルに伝わってきました。読み進めていくうちに、少女たちの悲惨な現実を知るだけではなく、人間とは? 家族とは? 社会とは?  本当にいろいろな視点で考えさせられました。同時に人間の幸せと

一部amazonoのレビューより引用しています。

この本を読んでみるといかに若年者に対してこの国が優しくないかが解る、未成年者が自分で生きていく道は非常に限られており大人の考えでは計れないものがあるのだ。

もし神待ちを簡単に軽蔑し出来る人間はきっと家族に支えられ大人になった人だと思う。でも実際全ての親が子供の事を思い、働き、守ってあげているかと言うとそれは違って来る。

守られない子供達は幼くして自分自身で稼がなければならないのだ。しかし実際はどうだろうか?家を出た子供がまともに働く場所なんて無いのが現状だ。

神待ち少女と言う本を見れば神待ちがいかに問題なのかが解って来る。確かにこの本を読んだ後に神待ちと接するのは辛くなるが、知ってるからこそ優しく出来ることもあるはずだと私は思っている。

Posted by admin


PAGE TOP